医療機器修理業の許可を取得しました。

医療機器の販売業に比べ、手間とお金が倍以上かかりました。しかし、保守点検の窓口を 主とした活動を行っていますので、本来必要はありませんが、必要な資格だと思っています。ここが日本らしいところです。笑


簡単に医療機器修理業を取得するための過程をご説明します。

修理業を取得している営業所で3年の従事期間後、その営業所管理者に従事証明書の発行を行っていただきます。その証明書を元に医療機器修理責任技術者という資格を取得します。

資格取得には専門の講習を2日間受けていただき、2日目の最後に簡単なテストを受けて、 合格すると「医療機器修理責任技術者」の資格を取得できます。

その後、医療機器修理業許可取得の申し込みが可能となり、各都道府県庁の立ち合いで、

条件を満たした営業所と判断されれば、許可書が発行されます。


25回の閲覧0件のコメント